個性的なデザインのブライダルリングも人気

個性的なデザインのブライダルリングも人気

ブライダルリングを買うのなら、人と被らないものを選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
結婚した男女が身に付ける結婚指輪や、婚約の記念品として贈る婚約指輪は他の人たちも同じように手に入れていることが考えられます。
そのため場合によっては人と同じデザインの指輪を着けることになることもあるものです。
もし被ってしまった場合には、気まずい気持ちになることもあるのでそのようなことを避けるためには個性的なデザインのブライダルリングを選ぶのも1つの方法です。
またあまり見かけないような個性的なリングを2人の思いを込めて選べば、思い入れのある指輪にすることができるでしょう。
長く大切に愛用したくなることが期待できます。
既製品も良いですが、個性的なデザインに拘りたい場合にはオーダーメイドで製作するのも良いかも知れません。
デザインから考えて、世界に1つだけの指輪を作ることができるので人と被ってしまうことも避けられます。

ブライダルリングって何?思い出に残る挙式でのセレモニーは?

ブライダルリングとは一般的に婚約指輪と呼ばれるエンゲージリングと、結婚指輪と呼ばれるマリッジリングなど結婚にまつわる指輪の総称です。
挙式でのブライダルリングを使用したセレモニーはどのようなものがあるのかご紹介します。
まず、イメージしやすいのは指輪の交換です。
結婚式では新郎と新婦が結婚指輪の交換を行うことで永遠の愛を誓いあいます。
手作りのリングピローを製作したり、ご自身や親せきにお子さんがいらっしゃる場合はリングガールやリングボーイとして指輪を運ぶお手伝いをしてもらったり、またリングリレーと言って指輪をリボンなどに通してゲストから指輪を受け取る演出が人気のようです。
次に、エンゲージリングを使用したセレモニーです。
エンゲージリングカバーセレモニーと言って、新郎がゲストの前で婚約指輪を着けた新婦の指に婚約指輪を重ねてはめます。
挙式で指輪を交換した後に行われることが多く、婚約指輪が結婚指輪のふたをするような形になることから「二人が誓った永遠の愛に封をする」という意味を持ち、婚約期間の終わりを表すと言われているそうです。
結婚指輪だけでなく婚約指輪もゲストにお披露目できる他、時間もかからず簡単にできるセレモニーとして取り入れている方も多いようです。

ブライダルリングに関する情報サイト
ブライダルリングの選び方

当サイトはブライダルリングは既製品とオーダーメイドのどちらがいいのか、その選び方や費用相場についてご紹介しています。納得の指輪を手に入れたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。既製品のブライダル向けリングならではの魅力もこのサイトでは解説しています。既製品の良さを知りたい人におすすめです。また個性的なデザインのブライダル向け指輪も人気があります。人と被らないユニークが指輪が欲しい人に向きます。

Search